【工事/部品情報】自動車のバッテリーのメンテナンス

【工事/部品情報】自動車のバッテリーのメンテナンス


【工事/部品情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
"バッテリーというのは実際に配線をしていなくても自然に電気を放出してしまう性質を持っています。
なので汚れが付着してしまうことにより、湿気やすくなってしまいさらに多くの電気を放出していくこととなります。

その結果バッテリーが上がりやすくなってしまうのです。
また、バッテリーは温度の影響を受けやすい性質を持っており寒さに非常に弱い部品となっています。

バッテリー液が25℃の時の蓄電量を100%とした場合におきまして0℃になってしまうと蓄電量は約80%、−10℃で約70%、−20で約50%となってしまいます。

バッテリーの蓄電量が減ってしまうことでバッテリーが上がりやすくなるのです。
なので冬場にバッテリーが上がりやすくなるのです。
バッテリーの寿命が近くなったな?と思ったら特に冬場の場合は早めに交換してバッテリーの上がりを防止するようにしましょう。 "



【工事/部品情報】自動車のバッテリーのメンテナンスブログ:18/10/16

減量中の人なら
誰でも感じたことがあると思うんですけど…

減量を始めて、
摂取カロリーをコントロールするには、
食事を残す勇気って重要ですよね?

目の前に並ぶ夕方食を見て、
これを全部食べたらカロリーオーバーだな…と思う。

せっかく減量のために、
食事量をコントロールしてきたことを思えば、
できれば今日もカロリーを抑えたい!

でも、せっかく作ってくれた人に悪いし…

こうやって出された食事を摂取していては、
カロリーコントロールの効果は落ちてしまいます。

そういう時は、
くよくよ悩まずにおいしくご飯を食べれば良いのですが…

とは言え、減量は継続が命。
1日ぐらい、たまにだったらいいと思いますが
「食べ物を残すのはダメ!」
という考えで毎日の食生活を送っていたら、
減量を成功させるのは難しくなってきてしまいますよね。

特に、娘の頃から
「ご飯は残さず食べる」ということを大事にしてきた家庭では、
「潔く残す」なんてこと論外ですよね。
広い世界には、食べ物がなくて困っている人もいますから…

しかし考え方を少し変えれば、肥満は一種の病気。

出されたご飯をすべて食べることで、
肥満という病気が悪化するのに、
それでも食べることが、健康にとっては良いことなのでしょうか?

残すことでその病気を治すことができて、
健康な身体を手に入れることができるなら、
必要以上のご飯を残しても、
粗末にしたことにはならないのでは?

食べ物や、それを作ってくれた人に
感謝するのはとっても大切なことです。
感謝した上で、健康のために残す勇気を持つことも、
減量には必要だと思います。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)
【工事/部品情報】自動車のバッテリーのメンテナンス

【工事/部品情報】自動車のバッテリーのメンテナンス

★メニュー

【工事/部品情報】用途に合わせてペンチ選び
【工事/部品情報】スパナの使い方
【工事/部品情報】玉掛け作業の手順と注意事項
【工事/部品情報】エアコンプレッサの特徴と使い方
【工事/部品情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
【工事/部品情報】通販で工具を購入してみよう
【工事/部品情報】エアコンガスの種類
【工事/部品情報】美しい仕上がりの塗装スプレー
【工事/部品情報】包装資材に求められる高品質
【工事/部品情報】エンジンオイル添加剤とは


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)洗車機☆車の部品情報